So-net無料ブログ作成

鼠径ヘルニアの手術決行 [母乳育児(えい君)9ヶ月~]

鼠径ヘルニアの手術決行

話は前後するが生後2週間で鼠径ヘルニアと診断されたえい君、
9ヶ月目で鼠径ヘルニアの手術決行。
手術自体、全身麻酔をするので術後も痛みはないとの事。

以前の鼠径ヘルニアの記事→★1 ★2

[sponsor]



自宅から紹介された病院まで車で片道一時間半。
もし急を要する事があっても遠いと判断し
調べてみたら自宅近くの市立病院に小児外科があり
鼠径ヘルニアの手術を行っているとの事。

先生も凄く熱心な方で信頼がおけるので早々に手術日を決定。

前泊を入れ三泊四日の入院生活、親一名のみ付き添い泊OK。
患者は術前六時間・術後八時間飲食不可、、
これだけがとにかく大変だった( ノω-、)私の胸がね、、。

念を入れて前泊当日に桶谷式マッサージでケアをしてもらい
挑んだものの、最終授乳をした後すぐにパンパンになり
手での搾乳も追いつかず夜も眠れないくらいの痛み。
ご飯を食べると母乳が生産されるので術日の朝・昼はご飯を抜き
術後は許可をもらい二時間早く授乳再開。

この時の記録↓
「スーーーっと楽になった~。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 おっぱい軽いっ」

手術自体、全身麻酔だし不安が無いといえば嘘になるけど
「これで日常鼠径ヘルニアで不安になる事はないんだ!」という安堵感の方が強く。

今回えい君は右側を手術したのだけれど、腸の流れから左側もヘルニアになりやすいとの事。
万が一、左側になったとしてもその頃には喋れるようになって意思疎通が可能なので、赤ちゃんのように大泣きされる度不安になるような事はないからね。

鼠径ヘルニアの話はこれで終わり!




[sponsor]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。