So-net無料ブログ作成
母乳育児(えい君)1ヶ月~ ブログトップ

鼠径ヘルニアの症状にビクつく日々 [母乳育児(えい君)1ヶ月~]

鼠径ヘルニアの症状にビクつく日々

桶谷式マッサージへ行く前に、、
おっぱいのしこりで気分が左右されていた時
もう一つの不安事が浮き沈みしており。
それは既に触れたえい君の鼠径ヘルニアの症状。

[sponsor]



鼠径ヘルニアの記事はコチラ→

とにかく赤ちゃんは泣くのが仕事。

泣くのがエスカレートし大泣きされると
えい君の太股の付け根(右側)がポコっと膨らむんだよね。
その膨らんでいるところを上から手で元の位置に
戻して(押して)あげるんだけど「これで良いのかな?良いんだよね、、」と手探り状態。
もし腸が出たまま定位置に戻らなければ腸が壊死して大変な事になると先生から聞いていたので
いつまでも機嫌が悪く大泣きが止まない度、大きい病院へ夜間救急で駆け込み。
当時は車を所有しておらず、紹介された大きい病院までタクシーで片道一時間半かけ「腸が壊死する×2」と頭を真っ白にさせながら旦那と向かったな。

コツさえ掴めば定位置に腸を戻せるんだけど
大泣き&大暴れされると私も慌ててしまい病院で戻し方を何回も習い。
自然に治る事もあれば、全身麻酔をかけ手術する事もありうるとの事だったので
まだこの月齢の頃は経過観察中。

ただ急な嘔吐や血便は要注意と言われていたので
うんちに筋状の赤い点々が混ざってはこれまた病院へ駆け込み、、。
(この症状は母乳っ子にはよくある事だそう)

しかもえい君はよく顔を真っ赤にしていきむ子で
このいきみも腸に圧をかけて良くないんじゃないか、、とか
でべそが大きい(五円玉程)からいきみで更に大きくなるんじゃないか等不安事は尽きず。

市の保健師さん曰く、赤ちゃんはいきんでエネルギーを消化しているのだが特に母測1回につき50g以上だといきみが増える。赤ちゃんのでべその原因はおへその皮が薄いので出やすく、寝返りをうちながら腹筋がついてきたら治るとの事。

自分のおっぱいであたふた、えい君の鼠径ヘルニアといきみであふたと
当時は心身疲れ果ててたな。




[sponsor]

いざ!桶谷式マッサージへ(診療所 埼玉) [母乳育児(えい君)1ヶ月~]

いざ!桶谷式マッサージへ(診療所 埼玉)

話は少し戻り出産後の退院当日。
桶谷式マッサージをやっている診療所を経産婦さんが教えてくれ。
私は埼玉在住ですが埼玉には診療所数が結構あります。

まず桶谷式マッサージとはどんなマッサージをするのか、診療所等も含めて
調べてみました。

[sponsor]



<桶谷式マッサージとは>

昔から行われている痛いマッサージとは違い、乳房の基底部(乳腺体の後面)の伸展性をよくしておっぱいをスムーズに出す独自のマッサージ(桶谷式乳房管理法研鑽会HPより)

<診療所検索はコチラ>

桶谷式マッサージ?
こんなガンガンに張ってるのにマッサージなんてして痛くないの?
と謎ばかりですぐに連絡をする気にはならず。
取りあえず教えてもらった桶谷の電話番号はバックの奥底に。

そして始まる実家での上げ膳据え膳生活。
母親からは「栄養を摂りなさい!」と言われ
出るわ出るわガッツリお肉や揚げ物メニュー。
とにかく母乳はお腹が空くので私も食べてばかりで
食べれば生産される母乳。
左右5分ずつ×1回、多い時は 1日に12回授乳。 これに加ええい君が泣いていれば 「母乳が足りていないんだ」とミルクをあげる事1日2回。

、、ヒィ~(゚Д゚;)
今思えば目茶苦茶な授乳の仕方であまりに母乳育児に対して
無知すぎた!しかも分泌過多とはこの時はまだ自覚なく。
(後に桶谷の先生から「三つ子を育て上げる分だけこの胸は母乳が出る」と言われ)

早速胸のあちこちにしこりが発生し
「痛いな~、何の食材が駄目なんだろう。」
と警戒するも疲労から糖分欲しさにケーキを食べたり 「とにかく飲ませれば良いんだ!」とかなり短い間隔で 授乳したり。
胸が痛くて眠れない夜もしばしばだったけど
それでもどうにかなる、と当時は思ってて
しこりが取れた!しこりが出来た!の繰り返し。

遂に両方の胸にドカンとしこりができ
「もう駄目だ!桶谷式マッサージへ行こう」と
決意したのはえい君を出産してから5ヶ月目。
年末年始にすき焼きを始め、とにかく母乳に良くない食べ物を 食べて
おっぱいが大きな悲鳴をあげてしまったんだ(´д`ι)
色々な不安がよぎる中で
いざ!桶谷式マッサージへ。




[sponsor]

母乳育児(えい君)1ヶ月~ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。